Sponsored Links

今回はうつ症状を和らげるアロマ&ツボマッサージでのセルフケア方法をご紹介します。

うつ症状とは、なんとなく憂鬱(ゆううつ)で虚脱感や無気力感を感じる状態が続くことです。
症状が長く続くと不眠、食欲不振や倦怠感などの身体症状となって現れることも。

一時的な気分の落ち込みや、うつ症状の初期には身体の活力を回復させるツボ療法と気分を上向きにさせてくれる心地よい香り(アロマ)を使って手軽にできる手足のマッサージを行ってみましょう。

注意事項
  • あくまで家庭内での使い方であり、アロマの使用及びツボマッサージは自分の判断・責任で行っていただくものです。
  • 通院や治療を受けている方は主治医に確認してから行ってください。
Sponsored Links

うつ症状に有効性のあるエッセンシャルオイル

Rosemaryローズマリー

シソ科の多年草のハーブで地中海地域が原産

ローズマリーの効能

  • 泌尿器系
  • 尿路感染症、膀胱炎、腎機能の不調

  • 内分泌系
  • 内分泌腺の不調、甲状腺の不調

  • 心臓血管系
  • 血行不良、高血圧

  • 呼吸器系
  • 咳・痰・風邪、副鼻腔炎

  • 免疫系
  • 菌・真菌感染、自己免疫疾患

  • リンパ系
  • リンパ管の感染症、リンパ

Frankincenseフランキンセンス

日本では「乳香」で知られるアラビア半島原産地の低木落葉樹
古代中東では金にも並ぶ高い価値があったと言われています。

フランキンセンスの効能

  • 神経系
  • 頭痛、記憶力低下、神経障害、癇癪

  • 外皮系
  • しみ・しわ、湿疹

  • 免疫系
  • 感染症、自己免疫疾患

  • 消化器系
  • 肝硬変、膵炎

  • 内分泌系
  • 甲状腺の不調、内分泌系の不調

  • 生殖器系
  • 子宮内膜症、乳腺炎、前立腺

  • 精神系
  • 緊張・不安、トラウマ、気分消沈

  • その他
  • 筋骨格の腫れ、結合組織の不調にも有効性があるとされています。

Orengeオレンジ

ワイルドオレンジ、ネロリなど柑橘系のアロマも該当します。

オレンジの効能

  • 神経系
  • 認知症、記憶力低下、神経障害

  • 精神系
  • リラックス、落ち着き、うつ病

  • 外皮系
  • ニキビ、潤い・保湿

うつ症状にアロマ&ツボマッサージでセルフケア

Sponsored Links