Sponsored Links

今回はだるい・疲れやすい症状へのアロマ&ツボマッサージでのセルフケア方法をご紹介します。

激しい運動や作業の後の疲れは入浴や睡眠によって、ある程度改善されます。
しかし、いくら休んでもなかなか取れない「だるさ」や身体に残る「疲れ」

それらの症状には自分の好きな香りのアロマを使って倦怠感をリリーフしてくれるツボ押しマッサージを、ぜひ試してみてください。

最初に
  • あくまで家庭内での使い方であり、アロマの使用及びツボマッサージは自分の判断・責任で行っていただくものです。
  • 通院や治療を受けている方は主治医に確認してから行ってください。
Sponsored Links

だるさ・疲れやすい症状に有効性のあるエッセンシャルオイル

Lavenderラベンダー

地中海周辺、中東地域が原産の多年草。39種類と多種に渡ります。
古来より怪我や火傷の治療に使われていました。

ラベンダーの効能

  • 外皮系
  • 火傷、切り傷、傷あと、乾燥肌、オムツかぶれ

  • 精神系
  • 気分消沈、怒り、イライラ、睡眠障害

  • その他
  • 頭痛、筋肉痛、高血圧にも有効性があるとされています。

Marjoramマジョラム

キプロスや南部トルコが原産の多年生草。

マジョラムの効能

  • 心臓血管系
  • 高血圧、血行不良

  • 筋骨格系
  • 筋肉疲労、肩こり、筋肉の腫れ

  • その他
  • 泌尿器系の不調にも有効性があるとされています。

Rosemaryローズマリー

シソ科の多年草のハーブで地中海地域が原産

ローズマリーの効能

  • 泌尿器系
  • 尿路感染症、膀胱炎、腎機能の不調

  • 内分泌系
  • 内分泌腺の不調、甲状腺の不調

  • 心臓血管系
  • 血行不良、高血圧

  • 呼吸器系
  • 咳・痰・風邪、副鼻腔炎

  • 免疫系
  • 菌・真菌感染、自己免疫疾患

  • リンパ系
  • リンパ管の感染症、リンパ

Frankincenseフランキンセンス

日本では「乳香」で知られるアラビア半島原産地の低木落葉樹
古代中東では金にも並ぶ高い価値があったと言われています。

フランキンセンスの効能

  • 神経系
  • 頭痛、記憶力低下、神経障害、癇癪

  • 外皮系
  • しみ・しわ、湿疹

  • 免疫系
  • 感染症、自己免疫疾患

  • 消化器系
  • 肝硬変、膵炎

  • 内分泌系
  • 甲状腺の不調、内分泌系の不調

  • 生殖器系
  • 子宮内膜症、乳腺炎、前立腺

  • 精神系
  • 緊張・不安、トラウマ、気分消沈

  • その他
  • 筋骨格の腫れ、結合組織の不調にも有効性があるとされています。

だるさ・疲れやすい症状にアロマ&ツボマッサージでセルフケア

Sponsored Links