Sponsored Links

今回は胃けいれんの症状に有効性のあるアロマ&ツボマッサージでのセルフケア方法をご紹介します。

「胃けいれん」とは胃の壁にある筋層が異常に緊張して痛むことで、あたかも胃が痙攣しているかの様に感じる症状です。

慢性胃炎や胃潰瘍、胃がん、胆石症、膵炎などの病気に関連して痛みが発症することも。
また精神的なストレスから起こる場合もあります。

昔なにかの漫画で、この「胃けいれん」の症状で苦しむお母さんの話があったのですが・・・そりゃあもうのたうち回る痛さの様子に・・・子供心にも恐怖でした;
何度も激しい痛みがある場合は、すぐに専門医を受診してくださね!

今回は時々ある胃の痛み、ストレスからくる胃けいれんにアロマを使ってのツボ療法でケアしてゆきましょう。

注意事項
  • あくまで家庭内での使い方であり、アロマの使用及びツボマッサージは自分の判断・責任で行っていただくものです。
  • 通院や治療を受けている方は主治医に確認してから行ってください。
Sponsored Links

胃けいれんに有効性のあるエッセンシャルオイル

Fennelフェンネル

地中海原産のセリ科に属する多年草ハーブ
古代ギリシャ・ローマ時代から食用や薬用に重宝されてきた植物で日本ではウイキョウと呼ばれています。

フェンネルの効能

  • 消化器系
  • 消化不良、腸内ガス

  • 内分泌系
  • ホルモンの不調、内分泌腺の不調

Gingerジンジャー

暖かい南中国が原産で根茎の植物。
世界中でスパイスとして重用されています。

ジンジャーの効能

  • 消化器系
  • 胃腸炎、潰瘍、吐き気、代謝の低下・肥満

  • 心臓血管系
  • 脂質異常症、冷え性・むくみ、高血圧

  • その他
  • 排尿障害

Peppermintペパーミント

ヨーロッパ原産のシソ科の多年草ハーブ

ペパーミントの効能

  • 呼吸器系
  • 咳、痰、喘息、気管支炎、肺炎

  • 筋骨格系
  • 筋肉疲労、肩こり(頭痛)、関節炎、腱鞘炎

  • 消化器系
  • 胃の不調、胸やけ、吐き気、過敏性腸症候群、肝機能の不調

  • 免疫系
  • 発熱(頭痛)、自己免疫疾患

  • その他
  • 関節の痛み、リンパ循環の不調、集中力低下、眠気にも有効性があるとされています。

胃けいれんの症状にアロマ&ツボマッサージでセルフケア

Sponsored Links