Sponsored Links


ニュージーランドに移住して、まず初めに必要なこと。
衣食住のうち、「住」のまずは住まい。
これは最初はアコモデーションを利用したり、フラットを探したり。

そして「衣」は日本から持ってきたものでとりあえず大丈夫。
「食」は最初こそテイクアウェイだったり、食材買いに行けばOK!
けれど…料理をするための道具(キッチンツール)や食器やカトラリー等、けっこう細々と必要になるんですよね。

そんな新生活スタートの出費を抑えるために、移住当初よく利用していたのはセカンドハンドショップ(中古品店)
今回は私が購入してきたキッチンツールのセカンドハンド品と購入場所を紹介します☆

この記事はこんな人にオススメ!
  • いろいろ揃えたいけど資金が無い
  • WarehouseやK-mart、Brisucoes行ってみたけど気に入るデザインが無い
  • 中古品(他人が使ったもの)は全然気にならない

以上の3点がクリアできるのであれば是非↓読んでみてくださいね♪

Sponsored Links

「NZの中古品」価格重視ならばOPショップ

ニュージーランドやお隣オーストラリアでは「OPショップ」と呼ばれるセカンドハンドの店が
あます。

OPは「Oppotunity」の略でRed crossThe salvation Armyなどの人道支援団体が運営するチャリティーショップのこと。
売上はホームレスの方々や低所得者、難民、病気の子供達への支援などに使われます。

取扱い品
衣料品、靴、カバン、帽子、アクセサリー、リネン、クッション、家具、雑貨、食器、キッチンツール、玩具、絵本、DVD、CD、電化製品、楽器等
※品揃えは店舗によって異なります。

RED CROSS SHOP(レッドクロス)

世界中に展開する赤十字社が運営するセカンドハンドショップ
NZ国内には50店舗以上のRED CROSS SHOPがあります。

FAMILY STORE (ザ・サルベーション・アーミー)

赤十字と同じく世界中で活動するキリスト教(プロテスタント)が運営する慈善事業団体
日本では「救世軍」と呼ばれています。
NZ国内には125店舗のFamily Storeが展開されています。

これらのOPショップは寄付品や不用品をメンテナンスして販売しているので価格も驚く安さ$1前後から買えるものも。
欲しいものがあれば、まずOPショップを覗いてみましょう♪

セカンドハンド・リサイクルショップ

物を捨てない、大事にするKiwi達は何か欲しい物がある時はオークションサイト「Trade Me」を覗いたり、近くの中古品取扱いショップに足を運ぶようです。

クライストチャーチにも倉庫のような建物に衣料品から食器、キッチンツール、家電、家具、楽器、バイクまで取り扱う店があります。

ECO SHOP (エコショップ)

リサイクル事業を行う運営元が引き取った不用品の中から使える状態の品や修理などのメンテナンスを行ったものを販売しています。

ECO SHOP サイト

アンティーク・ヴィンテージを扱うショップ

「不要品」として寄付されたものやエコステーションから回収したものを販売するのではなく「古道具」「古美術」の商品を取り扱うショップも、もちろんあります。

チャリティーショップよりは価格が高くなりますが、状態の良いもの、思わぬ掘り出し物が見つかるかもしれません。

ローカルマーケットのストール

狙い女は週末などに開催されるローカルマーケットのアンティーク・ヴィンテージ専門ストール。
アンティークやヴィンテージ物を取り扱う業者さんが買い付けしてきているのでチャリティーショップなどよりクオリティは高い!でも、値段は…そこそこします。

また日本の古道具やアンティークショップを想像しないように!そこはNZ「え?こんなものを売ってるの?」というレベルの物もあります…いわゆるピンキリ。

けれど、その中から気に入ったデザインの品を手に入れることができるかもしれない!お宝探しの気分で楽しみましょう。

ローカルマーケットは店主との値段交渉もアリですよ♪

クライストチャーチのおすすめマーケットはコチラ↓

リカトンサンデー・マーケットRiccarton Sunday Market


リカトンレースコース(競馬場)で毎週日曜日開催のローカルマーケットです。
飲食ストールはもちろん、野菜やハチミツ、卵、チーズなどの食材のほか、衣料やクラフト系、そして古道具、アンティークのストールも。季節によっては野菜苗や花苗木も販売される賑やかなマーケットです。
ただ、コロナ流行以後、衛生面からか古道具やアンティークのストールの出店が減っている様子;


↑リカトンサンデーマーケットで購入したキッチンツール
鍋やミルクパンなど$10以下で細かいツールは$1でした。
WarehouseやK-martでこれだけ揃えると$30位にはなるでしょう。
シンプルで機能的なモノが欲しかったので出会えて良かった♪

シャビーチック・マーケットShabby chic Market

シャビーチック
シャビーチックマーケットのShabby chicとは「上品で味のあるアンティーク」という意味です。
ウールストンで毎月第1日曜日に開催されるヴィンテージマーケットは冬季休(6~8月)
可愛らしい小さな一軒家の敷地内にはアンティーク、ヴィンテージ物のストールが並びます。
こじんまりとしたマーケットですがアンティークの食器やリネン、レースリボンにボタンなど女子にはたまらないラインナップです♪

要チェック!みんな大好きガレージセール

↑ガレージセールで購入したもの
寿司桶やホットサンドメーカーなど超美品でこの値段!

NZでは週末になると電柱や家の前に貼ってある「GARAGE SALE」の看板を見かけることがあります。
家で不要になった品物をガレージや敷地内を利用して個人またはグループで販売すること。
新聞などのコミュニティ欄で告知があったりもしますよね。

オススメなのは、やはり日本人が開催するガレージセール。
いろんなガレージセールを覗いてきましたが…やはり日本人は物を大切に使っているので中古品といえども、まだ全然使える綺麗なものが多く出されています。

コミュニティサイト「NZdaisuki.com(NZ大好き)」やフェイスブックのグループ、日本人コミュニティによる運営サイトなど、まめにチェックするようにしましょう!

日本製の質の良いキッチンツールをお得な価格で買える絶好の機会です♪

まとめ

「セカンドハンドの賢い買い方*キッチンツール編」いかがでしたでしょうか?

自国での工業製品が少ないため、新品が比較的高いニュージーランド
お店も品数も日本のように選べないこの国で・・・気に入ったものを見つけるのは、ちょっと大変です。

だからこそ~見つけた時の歓びも大きい!
「宝探し気分」で自分のお気に入りを見つけにセカンドハンドショップやマーケットへ行ってみませんか?

次は「衣料・日用品編」を予定してます。お楽しみに♪

Sponsored Links