Sponsored Links


今回は過敏性腸症候群の症状に有効性のあるアロマ&ツボマッサージでのセルフケア方法をご紹介します。

「過敏性腸症候群」とは下痢や便秘を交互に繰り返えしたり、腹部の張りや腹痛などの症状に全身の倦怠感や疲れやすさを伴います。
精神的なストレスや自律神経のバランスの崩れなどが要因と言われています。

今回ご紹介するアロマオイルを使って背中から腹部、そして手軽にマッサージしやすい手足を日常的に指圧してみましょう。
お灸も効果的ですので是非試してみだくさいね♪

注意事項
  • あくまで家庭内での使い方であり、アロマの使用及びツボマッサージは自分の判断・責任で行っていただくものです。
  • 通院や治療を受けている方は主治医に確認してから行ってください。
Sponsored Links

過敏性腸症候群に有効性のあるエッセンシャルオイル

過敏性腸症候群

Fennelフェンネル

地中海原産のセリ科に属する多年草ハーブ
古代ギリシャ・ローマ時代から食用や薬用に重宝されてきた植物で日本ではウイキョウと呼ばれています。

フェンネルの効能

  • 消化器系
  • 消化不良、腸内ガス

  • 内分泌系
  • ホルモンの不調、内分泌腺の不調

Gingerジンジャー

暖かい南中国が原産で根茎の植物。
世界中でスパイスとして重用されています。

ジンジャーの効能

  • 消化器系
  • 胃腸炎、潰瘍、吐き気、代謝の低下・肥満

  • 心臓血管系
  • 脂質異常症、冷え性・むくみ、高血圧

  • その他
  • 排尿障害

Peppermintペパーミント

ヨーロッパ原産のシソ科の多年草ハーブ

ペパーミントの効能

  • 呼吸器系
  • 咳、痰、喘息、気管支炎、肺炎

  • 筋骨格系
  • 筋肉疲労、肩こり(頭痛)、関節炎、腱鞘炎

  • 消化器系
  • 胃の不調、胸やけ、吐き気、過敏性腸症候群、肝機能の不調

  • 免疫系
  • 発熱(頭痛)、自己免疫疾患

  • その他
  • 関節の痛み、リンパ循環の不調、集中力低下、眠気にも有効性があるとされています。

手作りマッサージオイルの作り方

massage_oil1
前項でご紹介した「つわりの症状に有効性のあるアロマ」を使ってマッサージオイルを作りましょう。

マッサージオイルはアロマ(エッセンシャルオイル)を約1%の濃度に希釈して使います。
希釈するのはキャリアオイルと呼ばれる植物油。
肌に使用するものですのでオーガニックの高品質のものを選んでくださいね。

主に使われるキャリアオイル

  • ホホバオイル
  • アルガンオイル
  • ココナッツオイル
  • アーモンドオイル

ほかにもグレープシードオイルなども使われます。
それぞれのオイルの特徴は別記事にまとめてありますので参考にしてください☆

基本のマッサージオイル*レシピ

マッサージオイルレシピアロマ使い方

過敏性腸症候群の症状にアロマ&ツボマッサージでセルフケア

↓インスタグラム画像右横の「>」をタップすると次の画像が見れます。
手軽に押せるツボを分かりやすくイラストにしてますのでチェックしてみてください☆

もしインスタアカウントをお持ちでしたら是非フォローしていってくださいね♪

Sponsored Links