Sponsored Links

GoGreenExpo
ニュージランドで年に一度開催されるエコイベントをご存知ですか?

NZの三大都市(オークランド・ウェリントン・クライストチャーチ)を季節を変えて回る展示会。

今回はそのエコに特化したライフスタイルイベント

Go Green Expo(ゴー・グリーン・エキスポ)』

についてご案内します☆

ココでわかること☆
  • Go Green Expo(ゴー・グリーン・エキスポ)とは?
  • 主な出展ジャンルとブース紹介
  • 事前に無料チケットを入に入れよう
  • 各都市の次の開催予定
Sponsored Links

Go Green Expo とは?

gogreen_1

ニュージーランドの三大都市で年に一度開催される“Eco(エコ)”に特化したライフスタイルイベント。

サブタイトルの『The Sustainable Lifestyle Show』の通り
私達が住む地球環境を考えて作られたプロダクトの出展、販売を行うものです。

また開催の2日間の間には約1~1時間半の枠でワークショップが行われ、出展者の講演や実演なども見ることができます。

主な出展ジャンル

gogreen_0

主に6つのジャンルの製品が出展されています。

ソーラーカーから建築材、園芸、ペット用品、食品まで様々ですが共通するのは

自然環境に負荷をかけない
リサイクル可能な

という点です。

  • Eco Home&Build
  • 二重窓、断熱材、ソーラーパネル

  • Food&Beverages
  • オーガニック食品、ビーガン、無添加食品、健康食品

  • Beauty
  • 美容器具、オーガニック化粧品、エッセンシャルオイル、サプリメント

  • Household Products
  • ディハイドレーター、ジューサー、ノンオイルフライヤー、クリーナー

  • Home&Living
  • ソーラーカー、オーガニック製品(衣類、ベッドリネン等)園芸用品(コンポスト、コンテナ等)

  • Health&Wellness
  • エクササイズ器具、快眠グッズ(ベッドマット)、健康器具(ツボ、赤外線等)

    今回の展示の中からいくつかのブースをご紹介しますね!

    Vegepod(ベジポッド)

    GoGreenExpo_2

    今回たくさんの観客が立ち止まって説明を聞いていたブースに
    この野菜用コンテナを扱う「Vegepod」がありました。

    メッシュのキャノピー(コンテナのカバー)は日光や風、雨を通してますがペットや雑草等の侵入は防いでくれるという優れもの。

    雨の多い季節で雨水がコンテナの底に貯まっていれば3~4週間家を留守にしても大丈夫とか。

    心配な場合はキャノピー内部に水を通す管があるのでスプリンクラーの要領で散水時間設定しておけば良いですね!

    足つきのスタンドに乗せれば作業もしやすく、また足にキャスターを付けて場所を移動することも可能。

    庭の狭い家や陽当たりが悪い場所でのガーデニングには画期的なコンテナかもしれません。

    Proper Crisps(プロパークリスプ)

    GoGreenExpo_4a

    南島ネルソンに工場のある「Proper Crisps」はNZ在住者であればマーケットで一度は見かけたことのある有名なチップスメーカー。

    GMOフリーの安心の素材とマルボロの海塩で仕上げたチップスは美味しくて、手が止まりません!

    今回出品されていたのは2種の新フレーバー
    ALLオーガニックの素材を使用していることに加えて、なんと!パッケージが「土に還る」エコ素材。

    コーンシュガーとウッドパルプで作られた袋はコンポストの中に入れておくと半年~1年くらいで土に還るそうです。
    (季節によって発酵時間が異なります)

    ProperのFB頁でもこんな使い方↓を推奨していて「素晴らしい!」「なんてクールなプロダクトだ!」と大反響です♪
    GoGreenExpo_4

    このように「野菜クズ」をそのままチップスの袋に入れ、ガーデンのコンポストに入れると・・・袋ごと分解してくれて堆肥になる、ということです。

    またはグリーンビン(カウンシルが回収するコンポスト用のゴミ箱)に入れてもOK。

    ゴミ袋の代替えにもなり、土に還ってゆく。

    これからのチップス袋の最先端をゆく、さすが「Proper」といった新製品です^^

    Traid Aid Chocolate(トレードエイド)

    GoGreenExpo_5

    フェアトレードの製品を取り扱うブランドで知られる「Traid Aid

    実はこのチョコレート工場がクライストチャーチにあります。

    私は以前のパッケージの頃からのファンなのですが~
    この板チョコ今まで食べた中でもイチオシ!です。

    板チョコといってもNZのチョコは厚みのある「ブロック」
    1枚当たり、どっしり200gはあります。

    そのまま食べても、もちろん美味しいのですが
    私は「クラッシクダーク」と「リッチミルク」をハーフ&ハーフで使い、お菓子やブラウニーを焼くのがお気に入りです♪

    GoGreenExpo_6

    ホットチョコレートやアーモンドチョコはスーパーでは見かけないので~すかさずゲット!

    展示会の良いところは新製品や普段手に入りずらい商品も試食できたり、購入できるところですね^^

    事前に無料チケットを手に入れよう

    初めて行くイベントでいきなり入場料を払うのは・・・ちょっとためらいますよね。

    この「Go Green Expo」は開催前の一定期間、フリーチケットが入手できます。

    https://www.eventbrite.co.nz/

    「eventbrite」はNZで開催されるイベント・ライブなどのチケットを取り扱うサイトです。

    「Go Green Expo」で検索して出てくればチケット情報がわかると思います。

    大体、開催1週間くらい前までは「Free」チケットが取得できますので、時々チェックしておきましょう!

    入手を逃しても・・・この手のチケットは$5~10くらいと、そうお高くありません。

    また、前日・当日あたりにNew World(ニューワールド)などの地元スーパーで無料チケットを配っている時がありますので(一昨年はそれでゲットしました♪)まだチャンスはありますヨ!

    各都市の次の開催日程は?

    次は春、9th & 10th November, 2019の首都Wellington(ウェリントン)で開催予定です。

    来年の各都市の開催時期は下記の通りです↓
    (オークランドのみ日程が決まっています)

    Go Green Expo 2020
    ▶Auckland – 28th & 29th March, 2020
    ▶Christchurch – 8月初~中旬頃, 2020
    ▶Wellington – 11月初~中旬頃, 2020

    Web site : https://www.gogreenexpo.co.nz/

    前出のイベントWebサイトを時々チェックしても良いですね。
    尚、一度チケットを入手すると~ちゃんと毎年案内メールが来ますヨ☆

    年に一度の「Go Green Expo」でエコの最先端製品や試食を楽しみましょう♪

    Sponsored Links